Nature Remo E / E liteの交換時に過去のデータを引き継いで登録したい

ここでは、Nature Remo E liteからNature Remo Eに買い替える場合や、Nature Remo Eを交換する場合に、過去の電力データを引き継いで再登録するための手順について説明します。

 

この際、Nature Remo E / E liteに登録しているスマートメーター・エコネットライト機器を削除すると、これまでに蓄積した過去の電力データも削除されてしまいます。
一度削除すると過去の電力データを復元することができなくなってしまいますので、ご注意ください。

1.新しいNature Remo E / E liteを登録する

 

登録済みのNature Remo E / E liteはそのまま残した状態で、新しいNature Remo E / E liteを登録します。

登録は、Nature Remo E / E lite セットアップマニュアル(初期設定方法)3.Nature Remo Eの登録の手順に従います。

2.スマートメーター・ECHONET Lite機器を新しいNature Remo E / E liteに移動する

 

a)コントロール画面のペンのマークをタップします。

IMG_0345_2.png
 

b) 新しいNature Remo E / E liteに情報を移動したいスマートメーター・ECHONET Lite機器をタップします。

 

c) デバイスのボタンをタップします。

IMG_0346_2.png
 

d) 新しいNature Remo E / E liteをタップします。

IMG_0347.png

e) 注意喚起のメッセージが表示されます。問題なければ「続ける」をタップします。

IMG_0348.png

これで完了です。左上の「<」のボタンをタップし、前の画面にお戻り下さい。

 

3.(スマートメーターの場合のみ)スマートメーターを再登録する

 

登録済みのスマートメーターはそのまま残した状態で、スマートメーターの登録操作を再度行います。

登録は、Nature Remo E / E lite セットアップマニュアル(初期設定方法)4.スマートメーターの登録の手順に従います。

再設定の際に登録済みのスマートメーターと認証IDが同じであれば、新しく登録するスマートメーターの名前が登録済みのスマートメーターと異なっていても、過去の電力データは引き継がれます。

 

4.エネルギータブで現在の電力データが取得できていること、グラフに過去の電力データが表示されていることを確認する

 

スマートメーター・エコネットライト機器の現在の電力データが正しく表示されていれば、新しい新しいNature Remo E / E liteへの移動に成功しています。

 

5.古いNature Remo E / E liteを削除する

 

Nature Remoアプリ右上の設定ボタン→「ホーム」で削除したいNature Remo E / E liteをタップし、「削除」をタップします。

 

以上で、過去の電力データを引き継いでNature Remo E / E liteを登録することができました。

 

サポートに問い合わせる
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています